カードキー

ここが安心

カギを使わずドアの施錠・開錠が可能、セキュリティもしっかり。

● キースイッチの代わりに取り付けたリーダーに、カードをかざすだけ!
カードは財布やパスケースに入れたままでも使用できます。
● 紛失メディアの登録抹消が簡単に行えます。紛失した時点で即時抹消が出来るので安心です。
● KABAの「Legic ICチップ」は複製が絶対に出来ません。
● ドアが閉まると自動的に施錠して締め忘れを防ぐ「自動施錠」機能を設定することができます。
● 高齢者の方でも簡単に操作できます。

設置例

電磁錠

最近増えている貸出コンテナ倉庫の入口に、防犯強化のために電気錠を設置。
磁石タイプの電気錠は場所を選ばず、辺鄙な場所でも設置可能です。

個人病院の自動ドアにカードキーを設置

個人病院の自宅と病院の通用口が兼用されている自動ドアにカードキーを設置しました。
以前は鍵のかけ忘れや昼間は開けっ放しで、誰でも出入りが自由な状態でしたが、カードキー設置後は、「自動施錠」機能で鍵のかけ忘れを防ぎ、入室についてはカードリーダーで管理ができるようになりました。

▲外からは暗証番号又はタグ(カード)で解錠、室内からは電源スイッチの横に開錠ボタンをつけました。