鍵管理システム

今こそ見直したい鍵の管理の重要性

キーボックスイラスト

ICカード等による入退室管理が普及してきましたが、セキュリティ対策された扉でも非常用として「鍵」は残ります。また、広い敷地の工場や、車両を多く保有されてる会社などは鍵の管理がいきとどかない部分もあるかと思います。様々な便利なシステムが誕生しても、「鍵」が無くなることはありません。セキュリティ性の向上を提案するうえで、鍵やICカードの管理は非常に重要になっていくでしょう。

鍵写真

クリオネ

こんなシーンでお使いいただけます

マンション

マンション・ビルなどの鍵の管理に

管理物件が増えるほど、鍵やICカードの管理が煩雑になってきます。清掃業者や電気・水道設備など鍵の受け渡しだけでも時間を取られていないでしょうか?暗証番号に有効期間や有効回数の設定、使用履歴管理ができるので、修繕などの機関が決まった作業者への鍵の受け渡しなどで有効活用できます。自転車シェアや民泊など様々なニーズが生まれ、今まで一般的に使われてきたドアノブなどに引っ掛けて使用する鍵管理ボックスでは対応しきれなくなってきました。よりハイレベルな鍵管理が必要になった際にはご相談ください

車のディーラー

新・中古車の鍵の管理に

人気車種の盗難被害は増加しています。販売前の自動車だけでなく、車検、メンテナンス、ガラスコーティングなどでお客様の鍵をお預かりすることが多いのではないでしょうか。警備会社との契約や防犯カメラなど盗難対策をされている会社がほとんどだと思われますが、KeyBoxでお預かりした鍵を管理すればセキュリティ性はさらに上がり、お客様にサービスだけでなく安心感も提供できます。KyeBoxの各扉にセンサーを設置してこじ開けなど不正解錠があった場合にはブザー、回転灯などで外部に異常を知らせることができます。

オフィス

会議室,資料室,サーバールームなどの鍵の管理に

業務の拡大に応じて管理する鍵は増えていきます。支店や店舗が増えれば車や警備用会社のICカードなども増えていくでしょう。最近ではネットバンキングにアクセスするにもICカードが必要になってきました。使用できる鍵を制限し、管理することによりセキュリティ性が向上します。もし既に設置されている入退室管理システムがある場合は、使用中の認証機をCREONE KeyBoxに接続し、認証してからでないと鍵を取り出せないように設定が可能です。ICカードなどの登録設定が別のシステムにならず、認証時間が鍵を取り出した時間であると管理することができます。

学校・病院

薬品室や重要書類保管室などの鍵の管理に

学校や病院は部屋数が多い為、膨大な鍵を管理しています。屋上に通じる扉や、部外者立入禁止区域の鍵、研究用薬品の保管庫の鍵など重要な鍵も少なくないはずです。より重要な情報や薬品を取り出す際に二人の暗証番号が必要なダブル認証や、暗証番号に使用できる時間帯や有効期間の設定、オプションでリーダーを設置してICカードや指紋・顔認証などをパスしてからでないと暗証番号を入力できないように設定することも可能です。ご希望にあわせてメーカーのみ作成できる複製が困難な鍵もご提案しますのでご相談ください。